神道について解説するWEBサイト 日本人に宿る神道イズム。今こそ見直される八百万の神の精神

神道とは、神道についての解説を行います

舎心山 常住院太龍寺 | 札所番号 21

[所在地]
7715173 徳島県 阿南市加茂町竜山

寺名舎心山 常住院太龍寺
縁起延暦17年(798)、桓武天皇の勅願で、国司、藤原朝臣文山が寺搭を建て、大師が開基した。この寺のある標高602mの大瀧嶽は、大師の青年時代の修行地。山号の「舎心」とは捨身の意で、寺号は、修行中の大師を守護したという大龍(龍神守護)からとられた。本尊は虚空蔵菩薩。宗派は高野山真言宗。
御詠歌太龍の 常にすむぞや げに窟 舎心聞持は 守護のためなり
電話番号0884-62-2021
宿坊なし
電車で行くJR徳島駅から川口行きバス1時間20分、「和食東」下車、徒歩10分、「山麓駅」へ。ロープウェイで10分。
車で行く徳島自動車道徳島ICから国道55号線を進み、国道195号線との交差点を右折し進むとロープウェイ乗り場。
駐車場あり
駐車場備考山麓駐車場。ロープウェイで境内まで約10分、200台(無料)

[スポンサード・リンク]

[スポンサード・リンク]