神道について解説するWEBサイト 日本人に宿る神道イズム。今こそ見直される八百万の神の精神

神道とは、神道についての解説を行います

神道と年中行事

新年を迎える風習

稲霊と祖霊を迎える日(正月について)

かつて、正月には「年神(としがみ)」という稲霊(魂)が家々を訪れるとされており、その年神を迎えご馳走でもてなしていたのが正月行事のはじまりといわれています。
また、年神は祖先の霊でもあると考えられていたため、正月はお盆同様祖霊を迎え祀る機会でもありましたが、だんだん「盆=祖霊の供養」「正月=神の祭り」という位置づけとなり、定着していきました。

門松と注連(しめ)縄

正月に家の門口に立てる門松は、年神の依代(よりしろ)としての役割があるとされ、注連縄は厄や穢れを祓う結界としての意味があるとされています。

[スポンサード・リンク]

おせち料理

おせち料理は「お節料理」であり、節句の日に神に食物をお供えする料理(節供料理)を意味します。そのため、本来であれば「上巳」「端午」「七夕」「重陽」の各節句で食される料理も「おせち料理」ということになるのですが、節句の中でもとくに代表的なものが正月の節句であるため、正月料理をとくに「おせち料理」と呼ぶようになりました。

お年玉

現在では正月に子供たちに与える小遣いをさすお年玉ですが、もともとはお金ではなくお餅を与えるものでした。
年神の神前に備えた餅のお下がり(「年神様の魂=御年玉」)をいただくことで、子供たちの健康を願い、稲に宿る生命の力を分けていただくという意味がこめられています。

大掃除

年末に行なう大掃除の風習は、家の中を清め、神様を気持ち良く迎えるためのもので、単に綺麗にしようという発想からはじまったものではありません。また、大晦日に体の垢を落として正月を迎えようという発想は「祓い」を重んじる考えがもとになっています。

節分

節分とは

「節分」とは、前の季節が終わって次の季節に変わる、「節」を「分」ける日のことをいいます。
つまり、現在広く知られている立春の前日だけが節分なのではなく、立夏の前日、立秋の前日、立冬の前日も節分の日であり、かつてはこれらの日(年4回)にそれぞれ、その季節で溜まった穢れを祓うための節分行事が行なわれていたのです。
やがて、もっとも重要な季節である立春前日の節分だけが年中行事として残り、今でも各地の有力神社では、大がかりな節分の行事が行なわれています。

豆を投げる理由

かつて日本では、神にお供えした白米をまくことによって厄が祓われると考えられていましたが、その後中国で行なわれていた「追儺(ついな)」という風習(※)が取り込まれ、室町時代頃から豆を撒く風習が定着していったと考えられています。
さらに、豆は鬼の目を打つ「魔目」であり「魔滅」の役割を持つと言われるようになって、「鬼は外、福は内」と唱えながら鬼に豆をぶつけることで、邪気払いをするようになりました。

※「追儺(ついな)」は、災厄をもたらす悪霊・邪気を追い払う行事で、陰陽五行説において「悪いものを退ける性質を持つ」とされている豆や桃の固い実を撒き、悪いものを退ける呪術を行なっていました。

節句

節句とは

節句とは、「1年のなかで節目となるような大切な日」およびその日に行なう年中行事のことです。
節句は「節供」とも書くのですが、これは節句の日に神に食物をお供えするという意味をあらわし、かつて朝廷では節句の日に貴族を集めた大規模な宴会(節会)を催していたようです。

本来節句は年中行事の折々をあらわすものであるため、昔から各地に様々な節句が存在していたのですが、江戸時代になって徳川幕府が1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(しちせき・たなばた)、9月9日の重陽(ちょうよう)の5つの節句を「五節句」として公式な節句と定めました。

現在では、1月7日は七草、3月3日は桃の節句/ひなまつり、5月5日は菖蒲(しょうぶ)/端午の節句、7月7日は七夕…として親しまれていますが、9月9日の「菊の節句(重陽)」は廃れてしまい、一部の地域や皇族のみで行われています。

[スポンサード・リンク]

桃の節句

桃の節句=ひなまつり=上巳の節句は、女の子の幸福を祈り、お祝いする節句です。
旧暦の3月3日は「上巳の日」で、昔、中国ではこの日に水辺で忌み穢れを祓い流す風習がありました。また、古来日本でも、花が咲くさわやかなこの季節に集まって、冬の間に溜まった垢を落として身を清める風習が広まっていました。
こうして穢れを落とした人々が、野原や海岸で神をまつる宴を行なわれるようになったことが、上巳の節句のはじまりと言われています。

その後、紙で作った人形を水に流して忌みを清める風習(流しびな)も生まれ、これが時代を経て江戸時代頃に現在のような雛人形を飾るひなまつりが定着していきました。

端午の節句

端午の節句は、男の子の成長を祈り、前途をお祝いする節句です。
この日に菖蒲(しょうぶ)で邪気を祓ったり、粽(ちまき)を食べたりするといった慣習を含め、もともとは中国で行われていた行事でしたが、日本でも梅雨入り且つ田植え前であるこの時期に、田の神を祀り穢れを祓う風習があったため、それが中国の端午の行事と合わさって広まったようです。

そして鎌倉時代頃、武士たちが厄払いの菖蒲と「尚武」をかけて立身出世を願ったり健康を祈るようになったことから、田の神を祀る行事が男子の祝いへと変わっていきました。
ちなみに、こいのぼりが広まったのは江戸時代になってからです。

お盆・お彼岸

仏教の本場にない風習

現在、仏式で先祖の祭りを行なう人々は、旧暦7月の盆と春秋の彼岸に祖先の祭りを行いますが、この風習は仏教の本場、インドにはありません。

日本では、古くから正月と7月に祖先の霊を祀る行事が行なわれていました。
これは正月に米の収穫、7月に麦などの収穫を終えた人々が、農耕神となった祖霊に感謝するという風習から行なわれていたものです。

お正月行事は、日本人が米を神聖なものと考えた事によって重要視され、現代まで神事として受け継がれてきたのですが、7月の行事は仏教の「盂蘭盆(うらぼん)」と融合し、収穫感謝の部分を除いた祖先供養の行事に変わり、現在のお盆になりました。

お彼岸については、日本で古くから春分・秋分に行われていた「御魂祭り」が元であるとといわれています。

[スポンサード・リンク]

歳の市・酉の市

歳の市

神道では、「人々が幸福に過ごすこと=神様を喜ばせること」という考え方が中心です。そのため、かつての商売人たちは、年末になると珍しい品物などを格安で販売したり、福引を行なったりしてお客に喜んでもらい、幸福な気持ちになってもらいたいと考えました。
これによって年の瀬の商業地はたいへんな賑わいとなり、各地で行われる「歳の市」に通じていきます。

歳の市とは、年末に正月用品や縁起物を売る市のことで、その多くは神社仏閣の境内で開かれていました。
羽子板を売る羽子板市、門松を売る松市、注連(しめ)飾りを売るガサ市、蓑を売る蓑市、いろいろなものを売るボロ市などさまざまな市が催され、大晦日には「捨市(すていち)」として捨て値で商品を売り、庶民を賑わせました。

酉の市

酉の市は、開運招福・商売繁盛を祈願する、鷲(おおとり)神社の祭礼です。
鷲神社の祭神・日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征伐の際、この神社で戦勝祝いを行なったとされることにちなんで、日本武尊の命日である11月の酉の日に開催されるようになりました。

市の名物である熊手は、獲物をしっかりと捉える鷲の爪ように「運を鷲づかみする」という意味や、金銀財宝を詰め込んだ熊手で「運をかきこむ」「福をはきこむ」などの意味がこめられているそうです。