神道について解説するWEBサイト 日本人に宿る神道イズム。今こそ見直される八百万の神の精神

神道とは、神道についての解説を行います

神社の設備

鳥居

鳥居の意味と起源

鳥居は、「神社の境内と人間の住む場所を分ける、神社の門」と考えられることが多いのですが、神社の建物が造られる前から、鳥居を立てる風習は存在していました。
また、土地の神や山の神を祀る特別な場所には建物なしで鳥居だけが置かれていたり、お祭りの時に御輿を留めて特別な儀礼をする「御旅所」は、垣根と鳥居だけで作られているケースが多く、こうしたことからも一概に「鳥居=神社の門」とは言い切れず、定説はありません。

同じように、鳥居の起源についても、インドのストゥパの門である「トラーナ」を真似たという説や中国の宮殿前に置かれた「華表」という門に倣って作られたという説など諸説があり、確かなことは分かっていません。

[スポンサード・リンク]

代表的な鳥居の種類

鳥居にはたくさんの種類があるのですが、笠木(鳥居の最上部にある横木)の形状や島木(笠木下に接してある横木)の有無によって、2つの系統に分けることができます。

1.「神明鳥居」
笠木の下に島木がなく、笠木の形がまっすぐな形状のもの。
伊勢神宮の内宮で用いられている神明鳥居は、二本の柱の上部に円柱の笠木と貫(笠木の下方で柱をつなぐ木)を付けたシンプルなもので、鳥居の原形にもっとも近いという説があります。

2.「明神鳥居」
笠木の下に島木があり、それらの両端が反りあがった形状のもの。
明神鳥居は数ある鳥居の中で最も普及しているため、現在でも数多く見ることができます。

神明鳥居

明神鳥居

注連縄

神域と俗世の結界

多くの神社の入口に張られている「注連縄」は、神を祀る申請な場所(神域)と俗世を区別するためのものです。
もともと注連縄は神域の周囲全体に張られており、人々に「むやみに神域に近づいてはならない」と示すものだったと言われています。
また、古代人たちが自分の農地の周囲に縄を張りめぐらせ、他人の侵入を禁じていたことに倣って、神域が縄によって区画されるようになったという説もあるようです。

精霊を招き悪霊を払う役割

多くの神社で拝殿の正面上部に吊るされている、鈴。
参拝者は鈴から伸びた長い綱を振って鈴を鳴らし、拝礼しますが、この行為にはどういった意味があるのでしょうか?

昔の人々は、鈴の音が神霊を招き邪霊を払うことによって、人間の持つ霊力が高まると考えていました。
そして、「空中には目にみえない多くの精霊がいる」とされていたため、鈴の音や綱を振ることで空気を揺らし、精霊に自分の魂の意思を伝えようと考えたのです。

この考えを表すものとして、縄文時代の遺跡からは呪術に用いられたとみられる土鈴が出土していたり、古墳時代の銅鏡で鏡のまわりに鈴がついているものが幾つか見つかっています。
また、大和朝廷で物部氏が行なっていた「鎮魂(たましずめ)」の呪術は神前で鈴を振り鳴らすものだったそうで、この鎮魂の手法が各地の神社の祭事にとり入れられ、今日の神社の参拝の場面に受け継がれたと考えられています。

[スポンサード・リンク]

賽銭

自らの罪の代償

神社に参拝した際、賽銭箱に投げ入れるお賽銭。
これは、「自らを穢した者は、自らの意思でその罪が世間に及ぼした損害に合った償いをするのが最も良い」という考えがもとになっています。

昔の人々は「罪を犯して穢れた者は、祓いによって身を清めることでその罪を許される」と考えていたため、穢れた者たちは祓いの際、自ら進んでさまざまな品物を神前に差し出しました。
古代の皇室や貴族たちは、多くの宝物や絹布を「幣帛(へいはく)」として神に奉ったり、庶民たちは紙に包んだ洗米を神に献上していましたが、室町時代になって貨幣経済が広まったことや、遠方の寺社への参詣が広まったことなどから、品物が賽銭へと代えられていったようです。

お守り

精霊の象徴である「玉」

神社のお守りは、昔の人々が玉類をお守りとして身につけていた風習がもとになって作られたと考えられています。
古代の人々が玉類をお守りとした背景には、「玉(たま)」は「魂(たましい)=精霊」の象徴である、という考えがありました。

精霊は私欲を持たず、常にまるく偏らない魂をもっているのですが、一方、人間にはさまざまな欲があり、魂が偏った形になってしまいます。そのため、人々は「完全な霊魂の形(円形)」をあらわす玉類を身に付け、それを眺めることで自分の魂をまるい形に保つように心がけたと言われています。

こうしたことから、巴形の「勾玉」、円筒形の「管玉」、小さな球形の「小玉」などさまざまな玉類が装飾品としてつくられていったのですが、中でも、丸い霊魂が飛び回っている姿を表し、球形の火が尾をひく形である「勾玉」は、特に重んじられていたようです。

おみくじ

辻占の風習とおみくじ

おみくじは、古代の辻占(つじうら)の風習から生まれたものと言われています。
辻占とは、夕方に辻(十字路)を通る人々の言葉を聞き、その内容から吉凶を判断する占いのこと。
昔の人々は、神は折々で自分の指針を示す言葉を与えてくれるものと信じていて、たまたまそばを通りかかった人の言葉の中に心ひかれるものがあったならば、それを神の言葉として自分の悩み解決の手がかりにする、という考えを持っていました。

こうした占いを信じていた人々は、神社に参詣する際に耳に入った言葉についても、さまざまな問題を解決する手がかりのひとつとしていました。そしてそのうち、「神前で言葉を書いたお告げの紙を選ぶ」という方法のほうがご利益があると考えられるようになったため、おみくじがその後の人生の指針とされるようになっていったのです。

[スポンサード・リンク]